こだわり抜いたコスメで全身をケア

洗顔用コスメで顔を洗う

人によってはボディソープで洗顔をすることもあります。
ボディソープというのはその名の通り、体を洗うための液体ソープのことなのですが、
顔もボディの一部ということで洗顔に使っても問題はないのでしょうか。


結論から言うと、問題はあります。
これは元々体を洗うためだけに作られたコスメティックスですので、かなり洗浄力が強いのです。

セラミド入りコスメsoap


背中などは皮脂などが多いですし皮膚もかなり分厚くなります。
ですので洗浄力の強さを優先しているのですが、皮膚の弱いお肌に使ってしまいますと
顔が突っ張ってしまったり痛くなるなどトラブルを起こしてしまうのです。おすすめはIPSコスメティックスです。

トラブルを起こす

ですので、顔を洗うときには顔用のコスメティックスを使うようにしてください。

ボディソープのほうがさっぱりするということであえて顔用のコスメティックスを
使わない方もいますが、これはオイリー肌を作る要因になるのでやめてください。


男性の方に特にボディーソープを顔を洗うのに使う方が多いのですが、
男性用の顔用のコスメティックスもあるのでそちらを使ってください。

ボディーソープや石鹸で洗顔する影響は?おすすめの洗顔は

ボディーソープや石鹸を利用して洗顔をしてしまう方は少なくありませんが、ボディーソープや石鹸は非常に洗浄力が高いものが多いので、デリケートな顔のお手入れに使用してしまうと皮脂を取りすぎてしまい、かえってオイリー肌の原因を作り出してしまう恐れがあります。

そこで肌に優しく洗顔に適しているのが、アルカリ性の石鹸を利用する方法です。
アルカリ性の石鹸は、洗浄剤に多く使用されている洗浄成分の一つである界面活性剤が肌に残りにくく、スッキリ洗い上げることができるメリットがあり、さらに肌表面に蓄積しがちな古い角質が、アルカリ成分で柔らかくなることで洗顔だけで綺麗に角質除去を行うことが可能です。温泉に入った後に肌がツルツルになった経験のある方は多いですが、これはお湯に含まれるアルカリ成分が肌の角質を柔らかくして落としている事と同じ原理となります。

市販されている石鹸には弱酸性表記のタイプもありますが、弱酸性は洗浄力が低くなってしまうためどうしても脱脂力の高い洗浄剤が使われがちです。
そのためこのタイプのボディソープを洗顔に使用すると肌が乾燥しやすくなる恐れがあります。
そこで肌に負担をへらすためには弱アルカリの石鹸を選ぶことで、低刺激で洗浄力が十分にある物を利用することが可能です。